NST18回目 at Yale Long Wharf
2008 / 04 / 11 ( Fri ) 10:42:44
Long WharfのYaleにて、いつもの定期検診。

まず、採尿。(このときBloody showがあったことを伝える)

まずは、Ultrasound。火曜、昨日と病院で時間がかかり、疲れきっていたので今日も覚悟していきました。でもとーっても上手なテクニシャンで、20分ほどで終了!Dr.との話を入れても、30分弱。全然疲れが違う。よかったぁ。今日のUltrasoundはDoppler(心臓や血流を主に見るもの)でした。問題なし。

昨日の血液検査(Blood work)の結果は、テクニシャンに人に渡した。

Dr.Copelは、昨日のデータとUltrasoundの結果に目を通して、問題ないと言っていました。Bloody show(おしるし)が今朝あった話がテクニシャンから伝えられると、「それはどんな感じだった?」と聞かれた。こういう質問されるとボキャブラリーの無さを実感する。

私:It was like a period. It was thick and a little bit, and not vivid... 

Dr. : Was it like a mucous?

私: Yes!!

それなら、Bloody showに間違いないね、と言われました。そうよね、本で読んだ通りだわ〜とは思ったけど、過去に出産したこともないわけだから、ちゃんと状態を確認しないと、ただの出血かもしれないしー。(笑)Bloody showの後、数日以内に出産する人が多いけど、当たるかどうかはわからないって。アメリカの天気予報みたいなものかな。

出産のスタイル(普通分娩か帝王切開か)を聞いたら、それは主治医次第だよと言われました。そうなんだー。昨日、Dr. Dohrから話してくるように言われたけど、きっとどっちも可能ってことなのね。


それから体重、血圧測定して、NST。どれも問題ありませんでした。そうそう、今日の血圧は100-65でした。昨日(140-85)と違ってびっくり。昨日のデータはYaleにも届いていたようで、ナースは2度測っていたけど、やっぱり同じでした。変なのー。

昨日から、ダッタン蕎麦茶飲んでるから?まさかねー。そんな急に下がったら、バカ売れだよね。そんなんじゃ、降圧剤いらないしー。

ホッとして帰ってきました。
病院への持ち物、再チェックしよう。

病院 Tests - Others CM:2 admin page top△
入院?NST17回目 at Milford Hospital
2008 / 04 / 10 ( Thu ) 22:28:35
足のむくみがひどいし、歩くとすぐ息切れするので、病院入口で車から降りた。

Yoshiが車を止めて戻ってきて、入口の受付で名前を言う。Dr. Dohrは名前だけ言えばすぐ検査できると言ってたけど、やっぱり、正式な受付(登録)が必要だった。Yaleはそんなことないんだけど、Milford Hosspitalは毎回、たくさんの紙(同意書)にサインを書かされて、面倒くさい。一応、以前のデータは残ってるみたいだけどね。

登録カウンターを通過して、Childbirth Centerのある3階へ。フロア入口の電話で名前を伝え(センターはロックされている)ドアを開けてもらう。

すぐに誘導され、部屋へ。小さい病院だからか?注射の時も病室で行ったけど、今日の検査も病室でやるみたい。ナースと挨拶。

着替え(病院着)と、自分の服を入れるビニール袋を渡される。それと、尿検査用のカップ。(トイレに行った直後だったので、採尿は後ですると伝える)何だか急に病人になったみたい。NST(ノンストレステスト)は毎週2回、Yaleでやってるけど、着替えたことないし〜。とりあえず着替えて待つ。

それからNST開始。同時に採血(試験管5本くらいかな)。

採血の時に、「検査後(結果によって)点滴することになるかもしれないから、先に点滴の針をしておくわね」と言われたのでOKだと答えた。二度針を刺すよりいいでしょう〜ということだったので。でも、点滴って、、、本当にこのまま入院!?と思う私。

Milford Hospital内にあるこのセンターは、かなり新しい施設のようで、様々な部分がコンピュータで管理されている。NSTのデータも、紙ベースだけでなくモニターでも見られて、同時にデジタルデータが保存される。電子血圧計もコンピュータとつながっていた。ついでに、体温計も耳で計るタイプだった(耳で計るタイプは誤差があると時々聞くけど、病院でも使ってるんだね〜)

NSTはいつも通り順調。7分経過後、もう2人とも期待していた結果をクリアしていた。ひと安心。でも引き続き行う。結局、1時間半くらいやってたかなぁ。(苦笑)

というのも、採血の結果がLabから戻ってきて、Dr.が問題ないと判断しない限り、私は病院を離れることができなかった。途中、Dr. Faulnerが部屋に来てくれて、NSTの結果はとてもよかったわ、と伝えてくれた。

2時間ほど、何をするでもなくベッドに横たわって待って、ようやくDr.のOKが出て帰れた。お腹すいたー。足はむくむし、部屋は肌寒いし、待ってるだけもつらい。でも、点滴の針はついたままだしー、逃げられない。(笑)

Milford Hospitalに着いたのは、10:15くらいだったけど、解放されたのは13:30頃でした。長かったー。そしてお腹空いたー。

でも、無事に帰ってこられてよかった!!入院体験したような半日でした。

明日はYale、参考に今日の血液検査の結果を持参して行って来ます。明日も無事に帰ってこられますように〜。(せめて計画出産/数日前に出産日を決定する/ようにしてほしいよね)

病院 Tests - Others CM:2 admin page top△
NST15回目 at Yale Long Wharf
2008 / 04 / 03 ( Thu ) 13:46:07
具体的な数字が出たのは初めて。
いつもドキドキのUltrasoundによるMeasurement(測定そこから体重を計算する)ですが、今日も緊張。

8:30の予約。

受付を済ませ、オレンジジュースを1杯いただく(尿検査があるから、水分補給。採尿後、Ultrasoundの部屋へ。

今日は、まだ経験が浅い(であろう)若い女性のテクニシャン。いい人なんだけど、覚悟しなくちゃ。まず一通りの計測をして、それからドプラーですと説明される。前よりはだいぶ説明も増えたし、上手になった感じでも、やっぱり時間がかかるー慣れている人に比べ、お腹全体(胸の下から股関節のあたりまで)に塗るジェルの量が多くて、時間もかかると、体が冷えるでも、しっかり測ってもらわないといけないしね。

途中でDr.が見に来た時は、まだ半分も終わってなくて、終わってからDr.が来るまで時間がかかったこともあり、1時間かかったよ。疲れた

体重は、Aちゃん 3Lbs.(約1360g) Bちゃん 4Lbs.5oz.(約1970g)

今日の説明の時、Dr.が2人入ってきた。たいていは1人なので、2人以上来ると「何かあるのでは?」と緊張する。でも、まだ緊急ではないようで、ひと安心。内容は、

(体重推移のグラフを見ながら)前々回、前回よりもAとBの体重差が広がっている。もし、Aの体重が伸びなくなれば明日にでも出産だが、まだ緩やかに上昇している。引き続き慎重に観察しましょう。

ドプラーその他(体重以外)で問題は見当たらない。今日は、Ultrasound(ドプラー)で6回もチェックしたが、全て正常だった。体重の差が染色体によるものか、遺伝か、わからない。

私が産まれた時の体重は正常だったか聞かれた。
「正常だった/3kg」と言うとDr.「正常の範囲ではあるけど、小さいね」と言われた。(アメリカ人のベビーは、もっと大きいに違いない)
Dr.曰く「小さく産まれたお母さんの子は小さい」

このまま状況が変わらなければ、37ー38週に出産がいいでしょう。その前に(陣痛が起きて)産まれたら、それは「おめでとうございます」ということで。

38週までの予約を帰りに取って下さい。(遅くても38週の金曜に出産できるよう、最後の検査は前日木曜の予約)

以上、具体的な日にちを聞いて、出産が近づいているんだなと思いました。

それから(私の)体重・血圧測定とNST。無事終了

気づけば、2時間半も経っていました〜。
疲れたけど、もうしばらくベビー達をお腹の中で育てられそうでよかったな

病院 Tests - Others CM:6 admin page top△
NST14回目 at Yale Medical Center (EP)
2008 / 04 / 01 ( Tue ) 12:14:51
今日も行って来ました。

いつも火曜日はNSTとUltrasound(ドプラーのみ)で、最近は結果もいいので安心。
さすがに、エイプリルフールの嘘をつくほどの余裕はないけど。

ということで、何の問題もなく帰ってきました。

無事に4月に入ったぞー

病院 Tests - Others CM:0 admin page top△
NST13回目 at Yale Long Wharf
2008 / 03 / 27 ( Thu ) 09:15:47
いつもドキドキの金曜日の検査、今日は1つも問題なかったよ

今週も木曜日だったのでDr.も違ったのだけど、よかったー。

先週「尿蛋白」で引っかかった検尿も、何も言われなかったから大丈夫だったみたい。よかった〜。

Ultrasound(エコー/ドプラー)は、以前にも見てもらったことがある、とっても上手なおばちゃんのテクニシャン。Aちゃんは限りなく下の方にいるし、2人ともよく動くので、この人でよかった〜。たくさん説明もしてくれるし、話しかけてくれるので、気分的にも楽です。

それから、NST(ノンストレステスト)。Ultrasoundの間、2人とも動きまくっていたので、NSTで寝ちゃうのでは?と思ったけど大丈夫でした。おかげでいつもより早くデータがとれました。

最後にDr.が来て、今までと変化なし〜。今日の検査結果は素晴らしかった(Terrific!)これでまた1週間延びたねと言ってくれました。

病院の予約が朝の8:00だったから、いい結果でよかったー。
気持ちよく1日がスタートできるよ

このままいけば35週に入れそう〜36週も夢じゃない!?

病院 Tests - Others CM:0 admin page top△
* HOME * next